トップページ > 社長挨拶

社長挨拶

喜久屋食品の母体創業は、1961年(昭和36年)当時珍しかった珍味の卸し業務として京都を中心にパッカー業から始まりました。その後、食品製造(メーカー)として変化しながら、高度成長の時代と共に業務を多様化させ、平成の今日に至っております。

大きな時代の流れと環境に応じ、常に新しい方向性を求めつつ、消費者ニーズに従いながら社会と共に歩んでまいりました。これからも人と社会と環境に貢献出来る様、前向きに精進いたしていこうと思っております。

末永く今後共宜しくお願い申し上げます。

長曽我部 真一
ページトップへ戻る
Copyright(C) 喜久屋食品株式会社 All Rights Reserved.